死亡保障はどれくらいあればいいの? 生命保険見直しガイド 

死亡保障はどれくらいあればいいの?

私の死亡保障はいくらあればいいの?

この質問も多い質問のひとつです。

簡単に言えばお一人お一人皆さん違います。

家族構成・年齢・職業・公的保障・子供の教育費・貯蓄等等です。
ご自分を含めたご家族のライフプランを一度書いてみましょう。

どの時期に幾ら必要かが見えてきますので、それを参考にして
必要な保障を考えてみましょう。

特にお子様のいらっしゃる家庭で、ご主人に万が一のことがあった場合はお子様が18歳になるまで遺族年金が支給されますので、それも考慮して考えてみてください。

お客様の保険証券を拝見させていただくと、皆さんほぼ同じような補償額です が、何歳だとこれくらいと安易に決めていませんか?

 
 知人に、証券診断を依頼されて、「あなたはこんなに死亡保障は必要ないでしょう」とお話したら、「自分に万が一のことがあったら、今よりもっと楽な生活をさせてあげたいんだ」という言葉が返ってきました。

結局決めては、ご本人の家族に対する『想い』ですかね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。